FTTH光受信機(CT-2001C)

簡単な説明:

本製品はFTTH光受信機です。低電力光受信および光制御AGC技術を採用し、Fiber-to-the-Homeのニーズに応えます。トリプルプレイ光入力を使用し、AGC による信号安定性の制御、WDM、1100 ~ 1620nm CATV 信号光電変換、RF 出力ケーブル TV プログラムを使用します。


製品の詳細

製品タグ

概要

本製品はFTTH光受信機です。低電力光受信および光制御AGC技術を採用し、Fiber-to-the-Homeのニーズに応えます。トリプルプレイ光入力を使用し、AGC による信号安定性の制御、WDM、1100 ~ 1620nm CATV 信号光電変換、RF 出力ケーブル TV プログラムを使用します。

この製品は、コンパクトな構造、便利な設置、低コストという特徴を備えています。ケーブルテレビFTTHネットワークの構築に最適な製品です。

特徴

FTTH光受信機 CT-2001C(3)

> 良好な高耐火性を備えた高品質のプラスチックシェル。

> RFチャンネルフルGaAs低ノイズアンプ回路。デジタル信号の最小受信は-18dBm、アナログ信号の最小受信は-15dBmです。

> AGC制御範囲は-2~-14dBmで、出力は基本的に変わりません。(AGC 範囲はユーザーに応じてカスタマイズできます)。

> 高効率スイッチング電源を採用した低消費電力設計により、電源の高信頼性と安定性を確保しています。光検出回路を搭載しており、機械全体の消費電力は3W以下です。

> 内蔵 WDM、シングルファイバー入口 (1100-1620nm) アプリケーションを実現。

> SC/APC および SC/UPC または FC/APC 光コネクタ、メトリックまたはインチの RF インターフェイスはオプション。

> 12V DC 入力ポートの電源モード。

FTTH光受信機 CT-2001C(主図)

テクニカル指標

シリアルナンバー

プロジェクト

パフォーマンスパラメータ

光学パラメータ

1

レーザーの種類

フォトダイオード

2

パワーアンプのモデル

 

MMIC

3

入力光波長(nm)

1100~1620nm

4

入力光パワー(dBm)

-18~+2dB

5

光反射損失(dB)

>55

6

光コネクタ形状

SC/APC

RFパラメータ

1

RF出力周波数範囲(MHz)

45~1002MHz

2

出力レベル(dBmV)

>20 各出力ポート(光入力:-12~-2dBm)

3

平坦度(dB)

≤ ± 0.75

4

リターンロス(dB)

≥14dB

5

RF出力インピーダンス

75Ω

6

出力ポート数

1&2

リンクパフォーマンス

1

 

 

77 NTSC / 59 PAL アナログ チャンネル

CNR≧50dB(0dBm光入力)

2

 

CNR≥49Db (-1 dBm 光入力)

3

 

CNR≧48dB (-2dBm光入力)

4

 

CSO≧60dB、CTB≧60dB

デジタル TV の機能

1

MER (dB)

≥31

-15dBm 入力光パワー

2

OMI(%)

4.3

3

BER (dB)

<1.0E-9

他の

1

電圧(AC/V)

100~240(アダプタ入力)

2

入力電圧(DC/V)

+5V (FTTH入力、アダプター出力)

3

動作温度

-0℃~+40℃

回路図

asd

製品写真

FTTH光受信機 CT-2001C(主図)
FTTH光受信機 CT-2001C(1)

よくある質問

Q1.FTTH光受信機とは何ですか?
A: FTTH 光受信機は、光ケーブルを介して送信された光信号を受信し、使用可能なデータまたは信号に変換するために、ファイバー・ツー・ザ・ホーム (FTTH) ネットワークで使用されるデバイスです。

Q2.FTTH光受信機はどのように動作するのですか?
A: FTTH 光受信機は、低出力光受信と光自動利得制御 (AGC) 技術を採用しています。トリプルプレイ光入力を受け入れ、AGC を通じて信号の安定性を維持します。1100 ~ 1620nm CATV 信号をケーブル プログラミング用の電気 RF 出力に変換します。

Q3.FTTH光受信機を使用するメリットは何ですか?
A: FTTH 光受信機を使用する利点には、単一のファイバーを介して高速インターネット、テレビ、電話サービスを提供できるファイバー・ツー・ザ・ホーム展開をサポートできることが含まれます。低消費電力、安定した信号受信、CATV信号の高効率光電変換を実現します。

Q4.FTTH 光受信機はさまざまな波長を処理できますか?
A: はい、WDM (波長分割多重) 機能を備えた FTTH 光受信機は、通常 1100 ~ 1620nm のさまざまな波長を処理できるため、光ファイバー ケーブルを介して送信されるさまざまな CATV 信号を処理できます。

Q5.FTTH光受信機におけるAGC技術の意義は何ですか?
A: FTTH 光受信機の自動利得制御 (AGC) テクノロジーは、光入力パワーを調整して一貫した信号レベルを維持することにより、信号の安定性を確保します。これにより、CATV 信号の信頼性の高い中断のない伝送が可能になり、Fiber-to-the-home アプリケーションの最適なパフォーマンスが保証されます。


  • 前の:
  • 次:

  • 関連製品

    ニュースレターを購読する

    当社の製品や価格表に関するお問い合わせは、電子メールに残してください。24 時間以内にご連絡いたします。